虫を好きになろう!可愛い虫をご紹介

虫愛ずる姫君になろう

>

かわいいは最強

サークルオブライフは虫ありきだった

動物の中の70~80%は虫だといわれています。「人類の中でどの動物が一番最強か?」という話題は常に議論を呼ぶところではありますが、おそらく動物界では虫は最強と位置付けられてもよいくらいの適応の変遷をたどってきています。
ダイオウクソクムシに代表されるように、何億年も種を保存させて生き抜いてきた虫は、変態というすごい適応能力をもっています。卵から芋虫に、芋虫からサナギに、サナギから蝶にと、体を変化させることで生活スタイルも変えていけるのが最大の強みだといわれています。その成長過程で、全く違う形態のさまざまな姿をみせてくれる、動物界の中でも、これほどダイナミックに姿かたちを変化させ、私たちを魅了させてくれる人類はいないでしょう。
虫がいなくなると、捕食する動物にも影響がでます。花粉が受粉される機会も大幅に減るので、世界の食料供給の35%を脅かすことになるだろうという昆虫学者もいるのです。

やっぱりカワイイは最強だった

よく益虫や害虫などと区分されますが、これは全く人間の都合によって分けられています。人間を刺す蚊は害虫、その蚊を捕食してくれる蜘蛛は益虫といった具合です。虫にとっては、勝手かつ迷惑な話であります。
人間と同様、どんな環境にあっても、たくましく姿形を変えて自らを適応させていく賢さには惹かれます。
そして人間と違って、彼らは水中でも生活できるし、土の中でも生活ができるよう、自らの体そのものを変態させてしまうのです。その過程には集団でもぞもぞぴくぴくと蠢く気持ち悪さであったり、さなぎになって何日も眠る不可思議さであったり、成虫したら目を見張るような美しい蝶々となって華麗にひらひらと飛び回り、私たちを魅了してくれるのです。
生命体として地球になくてはならない虫は、人類の生存に大きくかかわっている最強の存在なのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る